サイトメニュー

症状が悪化する前に

通話する女性

うつ病を発症すると頭痛などの症状を発症する場合もあります。また、精神的に追い詰められて、日常生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。そのような場合、相談窓口に電話してカウンセラーとお話してみると良いでしょう。

詳しく見る

身体に現れる症状

PCと電話

うつ病を発症すると、胃が痛み出すことが多いです。また、疲労感が激しくなりやる気を出すことが難しくなります。その他にも体に悪影響を与えてしまうのです。もし、体調がきつくてやる気が起きずに仕事にも影響を及ぼしているのであれば、相談窓口に電話してみましょう。

詳しく見る

薬について理解しよう

電話

うつ病を発症した場合、薬物治療になる場合がほとんどです。薬物治療に使われる薬はいくつかの種類があります。それぞれ服用方法などが異なるのできちんと医師の話を聞いておきましょう。また、薬に関して不安に感じることがあれば、電話相談を利用しても良いでしょう。

詳しく見る

初期症状について

看護師

初期の兆候と対応方法

うつ病の初期症状の場合には、その症状は身体的な症状と先進的な症状は2つに分かれるようです。身体的な症状としては、睡眠不足になったり食欲減退押したり、また疲れやすくなったりするという症状が起こります。また、特に午前中には調子が悪いといった特徴的な症状があり、午後になれば調子が良くなるなど、日々の中で体調の変化が大きく変わるということもうつ病の症状は特徴的なものだと言われています。また、逆に朝起きれず寝すぎてしまったり食べ過ぎたり、というようなこともは人によってはうつ病の症状になることもあり、個人によってうつ病の症状が現れ方に相当違いがあるのです。精神的な症状としては何もする気が起きなかったり1中憂鬱な気分が続いたり、不安や焦りの気持ちが強くなってしまったり、何をしても自分が悪いと思い込んでしまうような場合もあります。また、集中力なども減退し、そのことによって頭がしっかりと働かなくなってしまったり、どんなことをしても楽しいと感じられなくなってしまいます。このように、うつ病の初期の兆候についていくつか取り上げましたが、このような症状は多くの人が、ご存知の症状かと思います。もし、このような症状が2週間以上続くようであれば、うつ病を発症している可能性が高いと考えられるのです。このような症状以外にもうつ病の症状として様々な初期の症状があります。それは問えば、肩が凝ったに頭が重かったりの腰痛や関節痛および同期や便秘、そして耳鳴りなどもうつ病が発症している可能性がある症状なのです。精神的な症状としては、人に会いたくなくなるとか、自分の将来について悲観的になってしまったり、また決断力がなくなってしまったり、あるいはわけもなく虚しくなってしまったり、不安を感じたり、自信がなくなってしまったりというような症状がでてきて口数が少なくなってしまうといったようなこともうつ病の初期の兆候には発症し得る可能性があるのです。一般的には、人間関係や考え方などがほとんどネガティブな方向に向いていくような状況になり、どんなことをしても、何を考えても常時不安や不幸などを考えてしまい、自分ではそのような気持ちをどうすることもできないような状況に陥るような状態になるのです。

精神的な兆候

うつ病の最大の症状の特徴としてはマイナスの感情である。不安や悲しみ、そして焦りなどの感情が強くなる傾向があることです。特に思い当たる節がないにも関わらず、突然不安や悲しみが襲ってくるというような傾向があります。若い人の場合には焦りという感情がメインに出てくる可能性もあるため、他人から見ていると落ち込んでいるようには見えないため、その人はうつ病であるということに気づくことに遅れてしまう可能性があるのです。はじめのうちは楽しいことが起これば楽しいという感情も残っているのですが、何もしないでいると漠然とした暗い気持ちが蘇ってくる、というような傾向があります。そしてこの先何も良い事がないのじゃないかとか自分はだめな人間だとか何をしても無駄ではないのかというような考えなども起きてくる傾向があります。さらに症状が進むと、何も起こっていないのに泣いてしまうとか、そのように泣いてしまっても何か悲しい出来事があったわけではないので、気分転換をしてもすっきりと忘れることができないような状況になります。次に何に対してもやる気が出ないというような症状が出るようです。このような症状が出てしまうと、はじめのうちはなかなか仕事に取りかかれずぐずぐずしているくらいで症状が進んでくると趣味さえもやる気が起こらなくなってきて楽しいことをする気にさえなれないので、こんなふうになりたいといったような希望さえも無くなってくるため、さまざまなことに対して前向きな努力ができなくなってくるようです。さらにうつ病が進行すると日常生活における着替えや洗顔入浴などはで面倒になり、典型的な症状としては、朝起きても布団から出ることができないというような状況になってきます。このようなうつ病の症状といわゆる「怠け」との違いは「怠け」がそんなことやらなくても良いという気持ちであるのに対して、うつ病の場合にはやらなければならないという気持ちがあるのにもかかわらず、どうしても手をつけることができないという義務感があるにもかかわらず、できないというジレンマに陥っているような状況になるのです。このような症状のことを精神運動抑制と言っていわゆるやる気が抑え込まれてしまっている状態なのです。もし、これらの症状が出ているのであれば、専門クリニックに足を運びましょう。もし、心療内科や精神科はハードルが高いと感じるのであれば、電話相談を利用するのもアリでしょう。

人気記事

通話する女性

症状が悪化する前に

うつ病を発症すると頭痛などの症状を発症する場合もあります。また、精神的に追い詰められて、日常生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。そのような場合、相談窓口に電話してカウンセラーとお話してみると良いでしょう。

詳しく見る

PCと電話

身体に現れる症状

うつ病を発症すると、胃が痛み出すことが多いです。また、疲労感が激しくなりやる気を出すことが難しくなります。その他にも体に悪影響を与えてしまうのです。もし、体調がきつくてやる気が起きずに仕事にも影響を及ぼしているのであれば、相談窓口に電話してみましょう。

詳しく見る

電話

薬について理解しよう

うつ病を発症した場合、薬物治療になる場合がほとんどです。薬物治療に使われる薬はいくつかの種類があります。それぞれ服用方法などが異なるのできちんと医師の話を聞いておきましょう。また、薬に関して不安に感じることがあれば、電話相談を利用しても良いでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 もしや自分はうつ病ではないか【電話相談をしよう 】 All Rights Reserved.