サイトメニュー

症状が悪化する前に

通話する女性

精神運動の停止

人間の気分と言うものは、意識的に起きるようなものではなく、自動的に起こるもので、そして自動的に変化していきます6そして嬉しいことがあれば、自動的に良い気分になり、嫌なことがあれば、自動的に悪い気分になるわけです。このような気分は人間の自律神経が無意識のうちに調整しているのです。うつ病を発症してしまうと、このような気分の変化が起こらなくなってしまうのです。うつの気分に支配されてしまたとえ良い出来事があったとしても楽しい気分にならず。うつの気分が続いてしまうのです。このように気分が、思ったように動かずブレーキをかけられてしまったような状態を精神運動の停止という症状でうつ病の主な症状の1つなのです。このような精神運動の停止の状態は当然のことながら、日常生活や仕事でも大きな影響があり、代表的な症状として思考停止や意欲の減退などがあります。もし、このような症状が現われて、誰にも相談できないとなった場合には、専門窓口で相談するのも良いでしょう。電話をすると、カウンセラーなどが親身になって話を聞いてくれます。また、専門クリニック受診のアドバイスなどもしてくれます。

頭痛とうつの関係

アメリカのある大学病院のうつ病センターの責任者の医師によると、頭痛はうつ病の症状の中でも代表的な症状の1つであり、特に若い人に多いといいます。うつ病患者の多くの人々からはその頭痛は非常に鈍い痛みで緊張性の頭痛に似た症状を引き起こしてしまうことがあるといいます。うつ病患者の人たちには高い片頭痛の症状を発症するリスクがあるといいます。うつ病によって頭痛の症状が現れる原因は明確には解明されていないのですが、一説によるとモノアミンという物質が少なくなることによって痛みを感じやすくなることによって発症すると考えられているようです。そしてうつ病の発症自体が脳内のモノアミンが少なくなることが原因のひとつだとも言われているのです。このモノアミンとはセロトニンやノルアドレナリン、そしてドーパミンなどの物質の総称のことで、これらの物質が脳内に好くなることによってえ、落ち込んだり、やる気が出なくなったりという症状が出るというわけです。このモノアミンは気分だけではなく痛みの抑制に関係していることがわかっているのです。下行性疼痛抑制神経という神経があるのですが、この神経は痛みを抑制する働きを持っていることがわかっています。そしてこの神経に深く関わっている物質が雲はみんなのです。このモノアミンの中でもノルアドレナリンが多くされると痛みを和らげる作用があるのです。うつ病を発症することによってえ傷の症状が生じるのはこのモノアミンの減少によって気分の低下を起こしてしまうだけでなく、前述のような痛みを抑える能力も低下してしまうためではないかと推測されています。ある統計によると、うつ病患者の60%が何らかの痛みを感じていると言われています。その痛みの中で最も多いのが、頭痛なのです。その他にもうつ病を患うことによって、腰痛や肩こり、胃の痛み、歯痛等、様々な部位に痛みの症状が発症します。そして実はうつ病の頭痛の症状にはあまり特徴がないのです。特徴に乏しい頭痛が口調と言っても良いくらいで、うつ病を患うとどのような頭痛でも起こりえるのです。どちらかといえば一時期的に強く痛みがあるというよりは長時間じりじりと頭痛がする方が多いようです。

Copyright© 2019 もしや自分はうつ病ではないか【電話相談をしよう 】 All Rights Reserved.