サイトメニュー

身体に現れる症状

PCと電話

消化不良

うつ病の患者は、普通の症状だけでなく、胃腸の調子が悪くなるという症状が発症することが多いのです。それだけでなく、うつ病を発症した人は極度のストレスによって大腸炎や胃潰瘍などの症状が出る可能性があるということです。うつ病によってこのような胃腸の不良の症状が起こる原因はセロトニンという物質が大きく関係しているのです。セロトニンという物質は脳内以外にも血液の中や胃腸にも存在しているのです。うつ病の原因には諸説あるのですが、セロトニンという神経伝達物質が不足することによって発症するという説が大きいとされています。人間はストレスを受けると、セロトニンの機能が低下してしまい、セロトニン欠乏症という状態になってしまうのです。このセロトニンは不満やイライラを抑制して感情が暴走してしまうことに対してブレーキをかける役割を果たすのです。このセロトニンによって人間は精神状態のバランスを保っているのですが、セロトニン欠乏状態になると気分が変調をしやすくなってしまい、衝動的にキレしまったり、絶えず落ち着かなくなったり、そしてうつ状態になってしまうのです。その一方でセロトニンは消化器官の粘膜にも多く存在しているのです。実際のところ、脳内にあるセロトニンはセロトニン全体のたった2%で、セロトニンの90%は消化器官の粘膜に存在しており、残りの8%は血液中に存在しているのです。そしてそのセロトニンが消化期間の粘膜において食べたものの消化を促す作用をするための重要な働きをしているのです。そのため、うつ病によってセロトニン不足になると、消化器官の消化がうまくできなくなって、胃の中に食べたものが滞留してしまい消化不良の症状を引き起こすのです。また、うつ病の症状を和らげる治療薬によっては吐き気の症状を引き起こすケースもあります。うつ病の治療薬の中にはセロトニンの濃度を高めるためにセロトニン受容体に作用する治療薬がありこの治療薬が消火器の粘膜にあるセロトニン受容体に作用してしまうことによってえ胃がムカムカして吐き気の症状が出ることがあるのです。

疲労感

多くのうつ病の患者は疲労感を訴え、その結果、やる気を失ってしまい、仕事の成績などを下げてしまうということがあります。何もしていないにもかかわらず強い疲労感を覚えるとか、体が鉛のように重くて動けない、あるいは全身に力が入らないなどと訴えるようなうつ病の患者さんは多くおられます。本人はしゃきっとしようと頑張っているのですが、少し体を動かしただけですぐ疲れてしまい、すぐに座り込んでしまう、というような症状です。通常、体の疲れは一晩ぐっすりと眠れば、翌朝にはほとんど解消されてしまうものです。しかし、うつ病の患者の人が感じる疲れは体力を消耗してしまった結果は肉体疲労とは異なるものなのです。ほぼ毎日続くような無力感。そして心の重苦しさなどに伴って発症する様な疲労感であって、どんなに身体を休めてもその疲労感の症状が取れる事は無いのです。このように、特に肉体労働をしたり、激しい運動をしたことも無いにもかかわらず、ひどく疲れてしまうのです。これは、うつ病による精神的疲労が体に影響を及ぼすと考えられ、このような疲れの症状はどんなに体を休めても解消される事は無いのです。本人ではどうすることもできず辛い思いをしているのですが、周囲から頑張ってなどと声を掛けられたりすると逆に症状が重くなることさえあるのです。

筋肉の痛み

セロトニンやイストミンというは疼痛は科学的な反応によって末梢神経の痛覚を刺激して傷を生み出すのです。神経伝達物質であるセロトニンというものは、痛みの抑制にも、痛みの促進にも作用してしまうのです。うつ病になると体が痛む症状が出る原因の1つにはこのセロトニンの働きが関係していると考えられているのです。本来、セロトニンの働きが正常に働く場合には痛覚は適度に抑制されているのですが、うつ病になったときにはセロトニンの分泌が減少してしまい、痛覚を制御する作用が弱まってしまい痛みに対して過敏に反応するようになってしまう結果、筋肉などの痛みの症状が発症すると考えられるのです。筋肉などが痛む症状が出るもう一つの原因としてはストレスが考えられるのです。ストレスによって交感神経が興奮した状態が持続すると血流が悪くなって、末端の細胞や組織では酸素不足になります体の細胞が酸素不足を起こすと、そのシグナルとして、体に痛みを感じるわけです。鬱病になってしまうと角にストレスを感じやすくなってしまう傾向にあるため、そのストレスが前述のような原因によって筋肉などに痛みの症状を引き起こす可能性があるのです。

身体からのシグナルを感じたら

上記のように、うつ病は様々な部位に症状を引き起こします。もし、これら症状によって、日常生活を送ることが難しくなってきたら、医療機関に相談しに行きましょう。中には、仕事で忙しくしていて、自分の身体のことを後回しにするひともいますが、早めに行った方がよいです。中には、相談電話窓口を設けているクリニックもあるので利用してみるのも良いでしょう。

Copyright© 2019 もしや自分はうつ病ではないか【電話相談をしよう 】 All Rights Reserved.