サイトメニュー

薬について理解しよう

電話

抗鬱薬とは

ご存知かもしれませんが、うつ病の治療には主に抗うつ剤という薬剤を使用します。抗うつ剤は主にやる気が出ないとか、落ち込んだ気分が続いてしまうなどのいわゆるうつ状態の症状の緩和の治療のために使われます。うつ病は何らかの理由によって脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンという物質が減少することによって引き起こされる症状と考えられていますが、この抗うつ剤を服用することによって、一時的にこれらの物質を増加させることができるのです。その結果としてうつ病の症状を緩和させることが可能になるのです。抗うつ剤はうつ病の症状が緩和は他にも脅迫性障害やパニック障害などの幅広い症状の治療にもに使われることが多くあります。

処方パターン

鬱病の治療の第一の目的は抑鬱症状を和らげることなのですが、うつ病のことをよく知らない人は抗うつ剤を服用しているという事は分かっていても、それ以外に薬を服用しているというのはわからないものです。鬱病の薬物治療も普段我々は風邪などで病院にかかった時に処方される胃薬や感冒薬といったような薬と同じように処方されるため抗鬱剤だけを処方されるということはあまりないのです。うつ病の治療をスタートした頃は、まずは抗うつ剤によって鬱病の症状を抑えていくのですが、この抗うつ剤の効果は服用し始めてからおおむね2週間から3週間程度で、その効果が出てきてあるため、その間に抗うつ剤ではなく神煌役というものを使って不安感や焦燥感といった症状を和らげていくということが一般的のようです。ちなみに鬱病の症状で使われる薬剤の処方パターンは次のようなものになります。1つは抗うつ剤のみを処方するパターンで、 2つ目は抗うつ剤と神煌役の2種類の薬を処方されるパターン。もう一つは抗うつ剤と口を前に薬を処方され、さらに副作用を抑える薬も処方されるというパターンです。さらにもう一つ。そして鬱病の人には睡眠障害の症状を持っておられる患者もいらっしゃいますので抗鬱剤に加えて睡眠薬を処方されるパターンがあります。さらには、これに加えて副作用がきつい場合には、その副作用を抑える薬を処方されるパターンがあるのです。この処方パターンの中で抗鬱剤や処方される場合というのは一般的には鬱病の治療を開始したばかりの、もしくは鬱症状が軽い時に処方され、それ以外の処方パターンについては鬱病の患者さんの症状と定期的な診断によってその患者さんに合わせて薬のパターンを変えたり、その種類を変えていきます。また仮面鬱病のように体にまで症状が出るような場合には、これらの薬剤と同時に鎮痛剤や吐き気は言った薬も処方されることがあります。

薬の種類

うつ病に処方される抗うつ剤には大きく分けて 5種類の薬が存在します。その一つはssriと言ってセロトニン再取り込み阻害剤というお薬ですが、これはセロトニントランスポーターに作用することによって、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように作用しますこの薬は不安症状を抑える作用が強いため抑うつ状態のほか、不安症状が強い患者さんにも使われます。この薬の副作用は比較的少ないといわれていますが、 1部の患者さんでは飲み始めに吐き気やむかつき便秘および下痢などの消化器系の副作用が現れることがあるようです。これらの副作用の症状の多くはおおむね1週間から2週間で自然に消えますがこの副作用が気になる場合には、医師に相談するようにしてください。次にSNRIというセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬というお薬ですが、このお薬はセロトニンおよびノルアドレナリンの再取り込みを阻害する薬であるため、脳内の下神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの両方の調整を9行う作用があります。最近では痛みに対する効果が注目されるようになり、慢性疼痛に対する治療薬としてもよく処方されるようになっています。一般的に不安や落ち込みといった症状にはセロトニンが関係していると言われており、意欲や気力などについてはノルアドレナリンが関係していて興味や楽しみなどについては、ドーパミンが関係していると言われており、このSNRIというお薬の効果はセロトニンやノルアドレナリンが増加することによってうつ病の症状が緩和されることは間違いないのですが、厳密にはきちんと分かっていないのです。もし、これらの伝達物質に直接関係しているのであれば、この薬を服用した直後から効果が出てくるはずなのですが、実際にはSNRIを服用してからその効果は出るまでには時間がかかることが多いのです。次にNaSSAというノルアドレナリン作動性、特異的セロトニン作動性抗うつ薬というお薬はあるのですかこれは前述のようなSSRIともSNRIとも違った薬なのですが、同様の効果があるようです。そして次に三環系抗うつ薬という抗うつ剤ですが、これはかなり古くから使われている抗うつ剤なのですが、そのうつ病の症状緩和の効果は強い半面副作用が出やすいというデメリットも報告されています。そして最後に四環系抗うつ薬といううつ病の症状を緩和するお薬ですが、これは前述の三環系抗うつ薬の副作用でもある抗コリン作用を少なくすることを目的に開発された抗うつ剤です。これらの抗うつ剤を活用して、うつ病の患者の症状を見ながら、その量を調整したり、または種類を変えたりしながらうつ病の症状の緩和を図っていくのです。うつ病相談の電話窓口を利用すれば、薬の正しい服用方法などについても教えてくれるので、飲み方が分からなくなった場合には窓口を利用しても良いでしょう。

Copyright© 2019 もしや自分はうつ病ではないか【電話相談をしよう 】 All Rights Reserved.